還暦ダイアリー

いつの間にか還暦に。されどまだ還暦、人生カウントダウン始まらず

ORICON NEWS【リバイバル上映:「角川シネマコレクション 松田優作の狂気」『蘇える金狼』など6作品を紹介、松田美由紀からコメントも到着】

令和、平成ではほぼ目にすることが無くなった昭和ワード、沢山ありすぎてそういうのを思い出すだけでブログを何本も書けそうですが、そんな昭和らしいワードのひとつに『映画スター』があります。

Wikipediaに『キネマ旬報20世紀の映画スター』という項目があり、読者選出の日本男優項のベスト10をピックアップしてみると以下の11名となります(9位は同率)。

 1 三船敏郎    
 2 高倉健    
 3 真田広之    
 4 渥美清    
 5 森雅之    
 6 石原裕次郎    
 7 市川雷蔵    
 8 阪東妻三郎    
 9 笠智衆    
   萬屋錦之介(旧芸名:中村錦之助)    
   ビートたけし    

この錚々たる顔ぶれに限るならば、自分は高倉健さん激推しなのですが、それはまた別の機会に書くとして、この一つ先の順位にこの方がいます。

 12 松田優作

キネ旬のリストは20世紀を雑に括ったのでこういう順位になったわけですが、20世紀とか昭和とか言っても世代が分かれます。自分たちアラ還世代では市川雷蔵阪妻の映画を観ることはまずありませんでしたし、森雅之とか知りません。

世代別に細かく票を分類するならば、あの80年代、角川映画全盛期を経てハリウッド映画『ブラック・レイン』が公開された頃まで、松田優作は映画スタートップに君臨していてもおかしくない圧倒的な存在感を放ってました。

角川シネマコレクション 松田優作の狂気

そんな松田優作角川映画が一挙リバイバル上映されます。作品は以下のとおり

 【角川シネマコレクション 松田優作の狂気】
 3月22日~4月4日:角川シネマ有楽町

 『蘇える金狼 4Kデジタル修復版』(1979年)★初上映
 『野獣死すべし』(1980年)
 『人間の証明 4Kデジタル修復版』(1977年)
 『探偵物語 4Kデジタル修復版』(1983年)
 『嵐が丘』(1988年)
 『ひとごろし』(1976年)

公式ホームページにて上映日詳細、予告編等をご参照ください)

 

一番好きで、DVDも持ってて何回も観たのが『探偵物語』。女子大生役の薬師丸ひろ子さんに翻弄される、最も彼らしくない地味な探偵役がまた良かった。

時間とお金があれば全部を映画館で観たいのですが、一本だけ観に行くとしたら、『探偵物語』ではなく『蘇る金狼』でしょう。これも何度も観てますが、どうせスクリーンで観るのなら、やはり狂気がダダ洩れで、しかもカッコいい優作さんしかありません。

 

下記リンクはORICON NEWSの紹介記事です。 

www.oricon.co.jp

 

速報【桑田佳祐 音楽・タイムスリップ・ショー「JAZZと歌謡曲とシャンソンの夕べ~R60」Blue Note Tokyo&クラブ月世界で開催決定!】

既に芸能ニュースにはなっておりますが、たった今、サザンオールスターズ応援団(ファンクラブ)宛てに届いたメールで、タイトルの通り、東京と神戸で『桑田佳祐 音楽・タイムスリップ・ショー「JAZZと歌謡曲シャンソンの夕べ~R60」』なるライブの開催が告知されました。

東京の会場は、以前、コロナ禍での無観客ライブを配信したジャズの殿堂、Blue Note Tokyoです。

 

応援団ロゴと本日配信の日付け

チケットはファンクラブ限定で¥19,800。座席数はたかが知れているので争奪戦というより宝くじに当たるような確率でしょう。また、2/25時点での会員が対象なので、今からファンクラブへ入ろうとしてもダメですよ。

タイトルにあるように、R60向けのJAZZと歌謡曲シャンソンを桑田さんが歌うと思うので、まさに還暦ダイアリーの自分のためにお膳立てされた公演じゃないですか~。

必ず外れることは明らかですが、それでも応募しなければ!

 

尚、FM TOKYOの『桑田佳祐やさしい夜遊び』では昨年秋くらいからレコーディングを行っているとご本人が度々言っておりますので、予想ですが、初夏に新アルバム発売からの、今秋からのドームツアーが始まるのではないかと。たぶん。

[追記]

申し込み完了。当選するかな?

 

新潮記事【[小澤征爾さん死去]武満徹さんを世界に送り出した伝説の名曲「ノヴェンバ―・ステップス」初演指揮の舞台裏】

デイリー新潮の新着に、興味深い記事がありました。

 

世界的な作曲家、武満徹の代表曲と言えば、まず『ノヴェンバー・ステップス』を挙げることに異論はなかろうと思います。

ですが、個人的には・・実はこの曲を何十年ものあいだ良く理解できておらず、超がつくほどの『有名曲』ではありますが、記事の標題にあるような『名曲』と冠を付けることには・・あくまで個人の理解が及ばないが故に戸惑いがあります。

 

記事の後段には、この曲を委嘱したニューヨーク・フィルの初演をたまたま聴いていた永六輔氏が「気持ち悪かった」と語っていたこともあって、武満氏は、

「記事引用: アメリカ人にとっては、初めて見る楽器、初めて聴く音色ですから、先入観なく接することができたのだと思います。しかし、やはり日本人には、違和感をおぼえるひともいたようです」

と述懐していたことが書かれています。

 

これを読み、自分がこの曲を理解できないのは日本人だからなのかと、少し納得。

いや、それ以前の話として、和楽器による邦楽を理解できていないことが問題であることも解りました。曲の内容は和楽器と西洋管弦楽の対立と融和ですが、そもそも、琵琶と尺八が同じ高座に上がることそのものが空前であったことを、先程、この記事を読んで初めて知ったわけです。

ですからノヴェンバーより前に作曲された、琵琶と尺八というジャンルの違う和楽器だけの、『琵琶と尺八のための[エクリプス(蝕)]』という曲を理解しなければいけなかった。

「記事引用: これを聴いて、小澤さんはびっくり仰天してしまうのです。そもそも、琵琶と尺八はおなじ和楽器ですが、まったくちがうジャンルで、“共演”することはありえない。それを平然と結びつけて、新しい響きを生みだした。この瞬間から、2人は前人未踏の道に踏み入ることになります」

 

小澤征爾鶴田錦史(琵琶)、横山勝也(尺八)

今も本稿を書きながら、小澤/サイトウキネン、若杉弘ハイティンク盤の『ノヴェンバー・ステップス』を聴き、『エクリプス』も併せて聴いておりますが、曲が醸す雰囲気には浸ることはできますが、やはり全く理解はできていません。

 

この記事には、N響事件後の小澤氏と、『弦楽のためのレクイエム』が音楽以前と国内で酷評されていた武満氏との出逢いから、先の『エクリプス』のテープを持ってバーンスタインに会い、ニューヨーク・フィルの委嘱へ漕ぎつけるくだり、トロントで起こった最初の東洋音楽と西洋音楽との衝突など興味深い内容が書かれています。

さらに『ノヴェンバーステップス』を200回以上演奏した琵琶の鶴田錦史(つるた きんし)氏が実は女性であったという驚きの内容(自分が知らないだけで周知の事実なのかもしれませんが)もありました。

 

ご興味ある方は下記リンクからご一読を。

 

www.dailyshincho.jp

産経【設備投資7兆円規模、TSMC開所に沸く地元経済 人手不足で理系人材の奪い合いも】

熊本で立ち上がった半導体の超大手企業、台湾TSMC社の工場でエンジニア人材の確保が難航しているという。理系人材の奪い合いの結果、給与水準は1.5倍に達しているとのこと。

実際、同社は日本の半導体復活のカギを握っています。良質で安価な半導体工場が軌道に乗れば、半導体設計で起業するファブレスメーカーが軒並み立ち上り、過去の栄光から一周回った半導体立国再びの夢も現実になろうかと考えます。

 

TSMC社が熊本に工場を構えているのは、半導体製造で重要となる良質で豊富な水源の問題もあって彼の地が選ばれました。たぶん。

 

もしも、関東近郊に工場が展開されていたと仮定して、自分のような還暦過ぎのエンジニアが応募しても良いお給金で使ってもらえたかな、などと考えたりします。齢は食ってますが保有技術は古くありませんし。

過去の話ですが、某XXXXxX社からスカウトが来たことがあり、なんと年収は最低で一般サラリーマン給料の倍という金額に目がくらみました。しかし、英語のレジュメを提出という条件があり、自分の長い職務経歴書をうまく英語で書けないのと(加えて面倒)、そもそも中国企業という点でリスクを感じて意識の外に置いてました。

それが台湾企業となると話は別。サラリーマン給与の倍額までは届かないにしても、暮らしが相当に楽なるなーなどと、一瞬だけ考えてしまいました。

一瞬だけです。地道に生きます。

 

www.sankei.com

散歩【大船観音と早咲きの桜、御朱印】(2/24)

前の投稿で鎌倉芸術館での演奏会レビューを書きましたが、久しぶりの大船です。しかも天候がすぐれない今週唯一の晴れ日でもあり、演奏会前に駅の反対側にある大船観音寺へ。

この日は風は冷たいものの、陽が当たると温かい1日。

 

街路には早咲きの桜が咲いてました。植物は全く不案内なので何という種類かわかりません。

大船駅西口の駅前通

大船観音の境内にも早咲きの桜が。駅前とは違う種類のように見えます(えっ、梅じゃないよね?)。

大船観音境内

胸から上だけの大船観音は、都市伝説によると足先まで下に埋まっているとか。むろん、信じてはおりませんが。

結構な迫力。でも厳かなお顔

御朱印。うちの奥様が御朱印集めしてます

白衣観音と書いてあるはず

身代守(福石)を購入。

ひとつとして同じ形は無いようです。色の濃さも異なってました

 

演奏会【カマクラシック・オーケストラ 第1回特別演奏会(2/24土)】

『思いつきで始めました』と舞台上の挨拶で語ったカマクラシック・オーケストラの主宰、阿部晶太郎氏は何と19歳の大学生。思いついてすぐ、まだオケのメンバーがゼロだった時点で鎌倉芸術館小ホールを押さえてしまった。

失敗を想定しない若さに驚くが、『鎌倉好き』という条件だけでブラームス交響曲を演奏できる数のメンバーを集め、600の座席を満席にしてしまった実績、さらに自治体の後援まで取りつけ、鎌倉市長に指揮をさせるという企画面での秀逸さも光った。

 

チラシのデザインもなかなかで集客効果が高そう

自分がこのオーケストラの演奏会を知ったのは今週に入ってから。X(Twitter)でフォローしている現代音楽のスペシャリスト、指揮者/作曲家の阿部加奈子さんの告知で知ったわけで、つまり阿部晶太郎氏は甥っ子さん。

藝大からパリ国立高等音楽院に学び、欧州を中心に活躍する叔母の姿を見ていれば、カマクラシック・オーケストラを立ち上げるに至る行動力も納得できます。

 

少し話は脱線して、阿部加奈子さんのこと。

昨年、コヴェントガーデン王立歌劇場にて、小澤征爾氏に続いて2人目の日本人という指揮者デビューを果たしています。大変優れた音楽家であると同時に、音楽家同士の交流も広く、欧州で才能が認められたという意味でも小澤氏と似ているかもしれません。X(Twitter)には日本で再会したというファビオ・ルイージ氏とのツーショット写真なども載ってました。

そして昨年9月、新日本フィルの公演で『悲愴』を聴いています。作曲家で指揮者というと脊髄反射ピエール・ブーレーズの音楽をイメージしてしまいがちですが、それは良い意味で裏切られ、慟哭の悲愴とでもいうのか、情の深い演奏に心揺さぶられました。そして第4楽章終了後、相当長い時間振り向かずにいた、あのような『間』を経験したのも初めてでした(客席からも拍手なし。客も大したもんだ)。

後日、新日本フィルの別の演奏会後のアンケートに阿部加奈子さんを再び招聘してくださいと書いてます。

5/18には県立音楽堂で神奈川フィルとの『英雄』があるのですが、この日は自分にとっての特異日で、行きたい演奏会がいくつも重なっていて、迷った末に井上道義さんと日本フィルのラスト公演を選んでしまいました。すいません。

あとYouTubeにあると思うのですが、パリ国立高等音楽院時代の苦労話も一聴の価値があります。

 

話は本題へ戻ります。

鎌倉芸術館の小ホールは初めてでした。なかなかに直線的な音響のごまかしが効かない難しいホールのようで、演奏もアマチュアオーケストラによくあるスリリングさがある一方で、木管からはいい音が聴こえてきたり。

でも、客席から期待したいのは音楽に対する真摯さと熱量。それは指揮者、佐藤有斗さんがご自分の音楽をこのオケから引き出せているかがひとつのモノサシになると思うのです。

そのへんの実際はご本人しかわからないとは思うのですが、少なくとも客席には、いずれの曲も佐藤さんが自在に振る指揮(と中本空さんのピアノ)で、堂々とした山田耕筰、及びモーツァルトブラームスの音楽が響いておりました。

 

[追記]

思い出したので追記。

群響所属のプロ奏者でコンサートマスターの塩加井ななみさん、ブラームスの最後の音を弾ききった直後のしてやったり的な表情が印象に残っています。あの瞬間、楽員全員がその想いを共有していたのではないでしょうか。

 

アンコールは撮影可ということでパチリ。ブラームスハンガリー舞曲第5番

 

まずは、第1回演奏会が大盛況であったこと、おめでとうございます。

しかし第1回はご祝儀。阿部氏の真価が問われるのは次回以降。関係者は見てないと思うのですが、勝手に企画を考えました。

 

① シン・ゴジラが鎌倉に上陸した記念、伊福部昭音楽祭。締めはシンフォニア・タプカーラで。盛り上がります。もちろんゴジラのテーマ音楽も。

② 鎌倉芸術館がある松竹大船撮影所跡地にちなんで、松竹映画音楽特集。聴きたい曲が2つ。佐藤勝氏作曲の映画『皇帝のいない八月』のシンフォニックな音楽、そしてそしてそして、映画『砂の器』の名曲、菅野光亮氏作曲のピアノと管弦楽のための『宿命』を是非。一曲目もしくはアンコールに『男はつらいよ』のテーマも入れたりして。ただし、著作権が生きてる曲ばかり。権利関係が面倒で実現は難しそうですね。

 

久石譲のドイツ・グラモフォン盤、宮崎駿アルバム

本日、世間様では祝日でしたが、ウチの会社はそんなに優しくなくて出勤日でした。と言っても在宅なので、出社するわけでもなく、いつもどおりBGMをかけながらのお仕事です。

 

この『A Symphonic Celebration - Music from the Studio Ghibli films of Hayao Miyazaki』は、昨年6月に発売された作曲家/指揮者/ピアニストである久石譲のアルバムです。演奏はロンドンの4大オーケストラの一つであるロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団

『A Symphonic Celebration』久石譲/ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団

クラシック・リスナーはこのジャケットにある黄色いレーベルに高いステータスを感じます。言うまでもなくカラヤンバーンスタインカール・ベームなどなど、超一流どころが歴史的な名演奏名録音を残してきた名門ドイツ・グラモフォン社(以下、DG社と略)のレーベルです。

日本人が録音したDG盤で一番古いのは1967年、ヴァイオリニストの海野義雄とハンス・シュミット=イッセルシュテット、北ドイツ放送交響楽団による、メンデルスゾーンチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲だと・・思います。

若くしてN響コンマスに就任。当時の本邦楽壇を引っ張っていた海野義雄氏

続いて小澤征爾氏のボストン響?・・その後はずいぶんと空いて、庄司紗矢香さんの名盤パガニーニの協奏曲、そして最近ではピアニストの松田華音さんのデビューアルバムが話題となりました。あと若いチェリストもいたかな。

そして今般、栄誉あるDG録音の日本人に久石譲氏が加わりました。

DG社との独占契約の内容は、作曲家、指揮者、ピアニストとしての活動全ての録音、映像がDGレーベルから出るという破格の扱い。

 

その華々しい第一弾は・・・うーん、結局、宮崎駿アルバムでした。

久石さんのアルバムがたくさん出ていて食傷気味(と言うほど聴いてませんが)の宮﨑ジブリ関連かよ、と少しだけ思う。

ご本人はミニマル作曲家であることを常々口にしておりますから、本当は第一弾こそ、そんな現代音楽作曲家、久石譲を前面に出したかったのではと勝手に推測します。

ただ、海外では日本ほどジブリアルバムが発売されているわけではないので、デビュー盤のセールスで勢いをつけるには良い選択だったかもしれません。

 

さて、よくよく考えてみると自分は宮崎駿作品をそんなに好きではないような気がします。『ルパン三世カリオストロの城』(ジブリ作品ではないですが)、そして『天空の城・ラピュタ』、この2つの活劇は大傑作です。ラピュタなど映画館であんなに血沸き肉躍った経験はありません。

しかし、あとは『ナウシカ』・・くらいしか面白いと感じたことがなく、『もののけ姫』など、ビデオだったかDVDをレンタルしてから10分だけ観て・・そのまま一週間経ってしまったので返却したことがありますし、近作では『風立ちぬ』を映画館で観ましたが、正直、寝そうなくらいつまんなかった。

 

えーと、ここまで前置きです。長くなりました。

 

つまり、宮崎駿映画に対して特に思い入れのない自分が聴く、宮崎駿の映画音楽アルバムです。客観性という意味では非常に公平な耳で、純音楽として聴いたことになります。

恐らく、こだわりのあるリスナーは曲のひとつひとつに一家言あって、映画のイメージとオーバーラップして聴くんだと思われます。もちろん、それはそれで良い聴き方というか、普通の聴き方ではありますが。

 

DISC 1
 01. 映画『風の谷のナウシカ
 02. 映画『魔女の宅急便
 03. 映画『もののけ姫
 04. 映画『風立ちぬ
 05. 映画『崖の上のポニョ
 06. 映画『天空の城ラピュタ
 07. 映画『紅の豚
 08. 映画『ハウルの動く城
 09. 映画『千と千尋の神隠し
 10. 映画『となりのトトロ
ボーナスDISC
 01. 映画『ハウルの動く城
 02. 映画『千と千尋の神隠し』英語バージョン

 

アルバムを通しで3回聴いた。

これまでろくに久石譲氏の宮﨑アルバムを聴いておりませんが、それでも明らかに今までとは異なるアレンジになっているのが解り、日本語の合唱や声楽ソロまで入ります。このアレンジが全曲を通して統一感を持たせているため、アルバム全体で組曲(あるいはカンタータ・・は言い過ぎか)として聴くことができました。

素直に良いアルバムを堪能できたと言えます。

映画館ではつまんねーと思いながら観ていたハウルの流暢なワルツ、ディズニーばりに楽し気なポニョとか、繰り返して聴きたくなる印象的な曲やフレーズが盛りだくさん。

久石譲侮るべからず。DGから出る次回作が楽しみです。

密かにミニマル・ミュージックを期待。

一方、指揮者、久石譲とは一年後の新日本フィルで、メシアントゥーランガリラ交響曲を予定しています。